『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ 相続・事業承継/ 【東京 相続・事業承継 最新ニュース】泥沼離婚の男性「全財産を母へ」との遺言むなしく…元妻と子に想定外の資産が渡ったワケ【司法書士が解説】

【東京 相続・事業承継 最新ニュース】泥沼離婚の男性「全財産を母へ」との遺言むなしく…元妻と子に想定外の資産が渡ったワケ【司法書士が解説】

相続・事業承継

過去に泥沼離婚した「超一流企業」勤務の男性。

元妻はもとより子どもとも疎遠になっていたが、深刻な病気が発覚し「全財産を母へ」との遺言書を残した。財産は、タワマン1室と数百万円の預貯金のみ。

死後、元妻は子どもの遺留分を求めてきたが、実はそれ以外に「全額子どもに渡る」資産の存在があった。

多数の相続問題の解決の実績を持つ司法書士の近藤崇氏が、実例をもとにわかりやすく解説する。

(本文は以下のリンク先にあります)