『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ ビジネス・IT・マネジメント・その他/ 【東京 その他 最新ニュース】文章がうまい人は、「たった一つのルール」を破らない

【東京 その他 最新ニュース】文章がうまい人は、「たった一つのルール」を破らない

ビジネス・IT・マネジメント・その他

【ニュース概要】

文章を読んで、「結局、何が言いたいの?」と思ったことはないだろうか。リモートワークの時代、伝わらない文章を書く人は、評価を落として損をする。しかし、「たった一つのルール」さえ守れば、文章はたちまち上手になる。特集『最強の文章術』の#5では、コピーライターとして活躍する田口まこ氏が、文章で絶対に損をしない、「たった一つのルール」を伝授する。

リモートワークの時代 「文章が苦手な人」は損をする

この2年でリモートワークが社会に定着し、仕事のやり方は大きく変わりました。中でも最大の変化は、コミュニケーションの方法がチャットやメールになったことでしょう。

自分の意図を伝えるためには、どんなに面倒でも苦手でも、誰もが文章を書かなくてはいけなくなったのです。

「メールの内容が分かりにくいと言われる」「チャットで誤解されやすい」「企画書を書くのが苦手」…。私の周りからも、そんな声が聞こえてきます。

確かに、毎日送られてくるメールや企画書の中には、内容がつかみづらく、読むのがイヤになるほど分かりにくい文章があります。そんな、「結局、何が言いたいの?」と思わせる文章には、実は共通する特徴があるのです。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)