『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ ビジネス・IT・マネジメント・その他/ 【東京 IT 最新ニュース】AIができること、人間にしかできない仕事…テクノべート時代の考え方

【東京 IT 最新ニュース】AIができること、人間にしかできない仕事…テクノべート時代の考え方

ビジネス・IT・マネジメント・その他

【ニュース概要】

MONEY PLUS編集部

現代のビジネスパーソンにとってITリテラシーが必須となったように、求められるスキルや知識は時代によって変わっていきます。この先の時代に向け、どのようなことを身につけていくべきなのでしょうか?

ビジネススクール「グロービス」による著書『MBA 2030年の基礎知識100』(PHP研究所)より、一部を抜粋・編集してテクノべートの時代に変わること・身につけるべきことについて解説します。

現代のビジネスパーソンにとってITリテラシーが必須となったように、求められるスキルや知識は時代によって変わっていきます。この先の時代に向け、どのようなことを身につけていくべきなのでしょうか?

ビジネススクール「グロービス」による著書『MBA 2030年の基礎知識100』(PHP研究所)より、一部を抜粋・編集してテクノべートの時代に変わること・身につけるべきことについて解説します。


問題解決の3つの方法論──AI時代に持っておくべき思考

長年、問題解決にはコンサルティングファーム的な思考方法であるクリティカル・シンキングが用いられてきました。これは、問題を人間の力で分解し、因果関係を論理的に考えて問題解決をしようという発想です。トヨタの問題解決に近い方法論とも言えます。この方法論は、2030年においても相変わらず有効な考え方でしょう。

一方で、デジタル化が進む中で必要になってきたのが、 テクノベート・シンキング です。これは「機械(コンピュータ)が得意な分野は徹底的に機械に任せてしまおう」という発想です。機械の特徴である、「桁違いに計算能力が高く、しかも、どれだけ計算をしても疲れないし、感情によるブレもない」という特徴を生かした問題解決の在り方です。AIがさらに進化を遂げる中で、この思考法に対する理解がさらに必要になるでしょう。自分でプログラムを組む必要はないまでも、「機械があればこの作業を任せることができる」と理解することがポイントとなります。

そして、もう1つ脚光を浴びているのが、 デザイン・シンキング です。

これは機械的な問題解決に対するアンチテーゼとも言えるもので、徹底的に人間の感情に寄り添うことを主眼とします。エスノグラフィーによる観察や、プロトタイプによる「手触り感」を重視します。この10年間くらいで非常に発達しました。2030年には、さらに進化することが期待されます。

おそらく、2030年において問題解決に優れている人間とは、この3つを理解し、適宜組み合わせることができる人間でしょう。

どれか1つの方法論しか知らなければ、有効な問題解決はできません。 論理的な思考、コンピュータや AI に対する理解、そして人間の感情に寄り添う共感力をバランスよく組み合わせることが必要となってくる のです。

【図表】3つの問題解決方法

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)