『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ コンサルタントコラム/ お勧め書籍/ 【お勧め書籍】脱炭素は噓だらけ

【お勧め書籍】脱炭素は噓だらけ

お勧め書籍
【お勧め書籍】脱炭素は噓だらけ

公開日 2021年10月13日 更新日 2021年11月11日

あなたは信じられますか?「温暖化脅威論はフェイク」「地球温暖化で人類は困らない」

2020年10月26日、菅元首相は所信表明演説で、「2050年にCO2排出を実質ゼロにする」と宣言しました。

これに経済界・産業界は大きく反応し、いまや日本全体で脱炭素に向けた動きが加速しています。

環境問題に対する一般的常識は、以下のようなものではないでしょうか。

  • 「地球は温暖化に向かっている」
  • 「CO2排出過多による温室効果で世界的な異常気象が多発し、このままでは手遅れになる」
  • 「そのために世界中が協力して脱炭素に向かう潮流が出来上がっている」

ところが本書は、科学的な知見・統計データ、国際潮流からみれば、そんな脱炭素に関する一般常識は嘘だらけと鋭く指摘します。

2021年4月の国際気候サミットで首相が「2030年に温室効果ガスを2013年比で46%削減する」と国際公約した以上、これからあらゆる産業で環境問題とは避けていられなくなることは必至ですが、そもそも環境問題の本質とは何なのでしょうか。

ご興味ある方は必読の情報が満載です。書籍の内容を一部ご紹介します。