『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ 相続・事業承継/ 【東京 相続・事業承継 最新ニュース】「二次相続」で思わぬ損をしないための相続税対策

【東京 相続・事業承継 最新ニュース】「二次相続」で思わぬ損をしないための相続税対策

相続・事業承継

【ニュース概要】

「二次相続」で思わぬ損をしないための相続税対策

宮崎県延岡市で保険業や資産運用のアドバイスに携わる小田初光さんが、地方で暮らす生活者のリアルな視点で、お金に関するさまざまな疑問に答えます。今回のテーマも、前回に引き続いて「相続」。お父さんを亡くした相談者に、遠くない未来に向き合うことになる「二次相続」まで考えた相続税対策についてアドバイスします。

  • 実家が都市部にある場合、地価の上昇によって多額の相続税が発生する可能性がある
  • 一次相続で相続税を0にしても、二次相続と合わせた納税額は多くなる場合がある
  • 重要なのは二次相続の財産を減らすこと。不動産は特例の適用など対策を考えたい
二次相続まで考えてはじめて本当の相続税額が見えてくる

【質問】
先週、闘病中であった父さんが逝きました。実家は福岡市にあり、父は堅実な性格なので蓄えもありました。それでもうちには税金は関係ないわと思っていたのですが、実は税金がかかることになりそうで、母の悲しみがなかなか癒えない中、何かやばそうです。普通に申告していけば問題ないと思うのですが……。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)