『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ 相続・事業承継/ 【東京 相続・事業承継 最新ニュース】「生前贈与」5分でわかる基本のキ!「世代飛ばし」と長期計画でメリット絶大

【東京 相続・事業承継 最新ニュース】「生前贈与」5分でわかる基本のキ!「世代飛ばし」と長期計画でメリット絶大

相続・事業承継

生前贈与は財産を「あげる人」と
「もらう人」の間の「契約」

「生前贈与」と「相続」は、どこがどう違うのか。贈与を検討するに当たって、その予備知識となる基本中の基本を押さえることから始めよう。

まずそもそも「相続」とは、人が亡くなった瞬間に、被相続人(故人)が持っていた全財産が、その親族、つまり常に相続人(遺産をもらう人)となる配偶者と、血のつながりがある一定範囲内の血族に、順位(子→親→兄弟姉妹の順)に基づいて財産が引き継がれることをいう。相続人が複数いれば、相続財産は相続人全員で遺産の分け方を話し合う「遺産分割協議」によって具体的な分配が決まるまで、共有財産となる。

この相続に伴う税金、「相続税」は本特集#12『下手な「駆け込み贈与」で逆に大損も!相続税の基本&生前贈与の必要度チェック術』で詳しく見るように、相続によって一定額以上の財産を引き継いだ相続人にのみ課せられる税金のことだ。つまり、相続は財産の多寡とは無関係に、亡くなった人の遺族全員に関わってくるが、相続税は一部の相続人のみの問題なのだ。

(本文は以下のリンク先にあります)