『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ 相続・事業承継/ 【東京 相続・事業承継 最新ニュース】夫の逝去で相続発生…専業主婦妻の個人資産「五千万円」を〈名義預金〉と疑わせない方法

【東京 相続・事業承継 最新ニュース】夫の逝去で相続発生…専業主婦妻の個人資産「五千万円」を〈名義預金〉と疑わせない方法

相続・事業承継

【ニュース概要】

曽根 惠子

夫の逝去で相続発生…専業主婦妻の個人資産「五千万円」を〈名義預金〉と疑わせない方法

夫を亡くした高齢の専業主婦は、相続税申告のめどが立ってもなお、不安がありました。

なぜなら、女性名義の多額の預貯金を保有していたからです。

相続税申告の税務調査があれば、税務署から名義預金と指摘され、追徴課税されるのではと心配しています。

なぜそのような事態になったのでしょうか。

相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに、生前対策について解説します。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)