『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ 相続・事業承継/ 【東京 相続・事業承継 最新ニュース】経営者の「辞め時」の決断で最も重要なこと、老害になる人が失う視点とは

【東京 相続・事業承継 最新ニュース】経営者の「辞め時」の決断で最も重要なこと、老害になる人が失う視点とは

相続・事業承継

【ニュース概要】

小宮一慶

経営者の「辞め時」の決断で最も重要なこと、老害になる人が失う視点とは

生涯現役の働き方は
アメリカでは一般的

人生100年時代を迎え、「生涯現役」を志向するビジネスパーソンが増えているという話をよく聞きます。

実は、アメリカの会社の多くには定年制がありません。年齢を理由にした差別が禁止されているからです。私が役員をしている会社のアメリカ子会社のパーティーに出たときに、76歳の元社員が「2年前まで働いていました」というスピーチをしていたくらい、生涯現役は当たり前のこと。

だから60歳、70歳になっても働きたい人は働くし、年金がもらえるとか、ある程度の蓄えがあってリタイアしたい人は退職します。いずれ日本企業も、定年延長から定年廃止へ向かうことになるかもしれません。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)