『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ 退職金/ 【東京 退職金 最新ニュース】FIREは難しいけどサイドFIREなら実現可能? 資産はいくら必要で注意点は?

【東京 退職金 最新ニュース】FIREは難しいけどサイドFIREなら実現可能? 資産はいくら必要で注意点は?

退職金

ニュース概要

ファイナンシャルフィールド

サイドFIREとはなにか

FIREとは、経済的自立(Financial Independence)と早期退職(Retire Early)をかけ合わせた言葉で、若いうちに資産を築き、後はそれを運用して、好きなことをして暮らしていこうといった概念です。

とても魅力的なようにみえますが、若い年代で仕事をリタイアできるだけのお金を稼ぐのは至難の業です。そのため、資金運用しながら足りない部分を給与で補う「サイドFIRE」に注目が集まっています。生活の一部を資産運用したお金で賄えれば、給与のために無理な仕事をしないですみ、自分の好きなように生きられるといった考え方です。

サイドFIREを実行するために必要な金額は?

サイドFIREは、資産を運用しつつ労働で足りない収入を補うスタイルです。完全なFIREよりも築く資金は少額ですみますが、それでもまとまった金額は必要です。

本項では、サイドFIREを実行するために必要な金額の目安や計算の仕方を紹介します。サイドFIREを行うのに、必要な資金額を知りたい方は、参考にしてください。

FIREに必要な資産額は年間生活費の25倍

FIREに必要な資金は、「定年までにもらう給与+年金や健康保険の金額+老後の資金」を合算した金額より多い必要があります。貯金をしていても収入がなければ資産は目減りする一方なので、適切な利回りで運用し、その利率で生活をしていくことが大切です。

資産運用の利率で生活していくためには、年間の生活費のおおよそ25倍の資産額が必要です。総務省統計局が行った「家計調査報告」によると2人以上の世帯の場合、2022年(令和4年)7~9月期平均消費支出は月28万5429円でした。これを12倍すると、約343万円です。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)