『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ ビジネス・IT・マネジメント・その他/ 【東京 その他 最新ニュース】なぜ親の介護を家族がやると不幸になるのか?介護保険サービスをフル活用して「お金で解決」するのが正解なワケ

【東京 その他 最新ニュース】なぜ親の介護を家族がやると不幸になるのか?介護保険サービスをフル活用して「お金で解決」するのが正解なワケ

ビジネス・IT・マネジメント・その他

【ニュース概要】

親が健康でいるうちはまだ先のことと思いがちですが、いずれ介護が必要な時期はやってきます。もし現在、まったく介護費用のことを考えていないとしたら、生活が破綻する可能性もあります。(『午堂登紀雄のフリー・キャピタリスト入門』午堂登紀雄)

もし親が要介護になったら

これは私個人の考え方ですが、親が要介護の状態になったとき「家族は介護しない」が原則だと思っています。

むろん要介護の状態にもよりますが、やはり肉体的にも精神的にも疲弊し、時として介護疲れで殺人事件が起こるように、不幸を招く原因になりうるからです。

子育てはだんだんと手がかからなくなるものですが、介護は逆に状態が悪化して大変になる一方で、しかも終わりが見えません。

また、働き盛りの子やその配偶者が在宅で介護をするのは現実的ではないでしょう。自分が一人っ子の場合はなおさらです。

子には子の生活がありますから、それを破綻させかねない負担は避けなければならないというのが私の考えで、それにはプロを活用することです。それに、やはり専門家に任せた方が安心。

なので、専門の介護施設に入ってもらうよう、できる限り親を説得するつもりです。医者や介護士が24時間体制で見てくれるのも、遠く離れて暮らす私には安心だからです。

ただし、やはり本人の意向も大切ですし、住み慣れた場所の方がストレスも少ないのは事実です。慣れない施設に入ってむしろ認知症が進んだというケースもあるそうです。食事も好きなものを選べないという不満が出るかもしれない。

そこでどうしても「自宅にいたい」という場合、訪問型の介護サービスを選び、訪問見守りサービスや人感センサーなどによる安否確認ができる体制を作ろうと思います。

私には2人の姉がいますので、このあたりは話し合ってどういう形態にするか、費用負担なども含めて分担を決める必要がありますが。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)