『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ ビジネス・IT・マネジメント・その他/ 【東京 その他 最新ニュース】コロナで「売れた」「売れなくなった」商品TOP30

【東京 その他 最新ニュース】コロナで「売れた」「売れなくなった」商品TOP30

ビジネス・IT・マネジメント・その他

【ニュース概要】

昨年10月25日に首都圏4都県と大阪府で飲食店への時短要請が解除されて以降、国民の外出機会は増え、年末年始は帰省ラッシュが復活した。

昨年末12月31日の全国の新規感染者数は438人と、1年前のほぼ10分の1。とはいえ、12月20日まで100人台だったところから、10日あまりで400人台に乗った。さらに1月4日に1000人台、5日には2000人を突破した。

欧米で猛威を振るっているオミクロン株は、昨年11月30日に日本で初めて感染者が確認されてから1カ月あまりが経過。日本国内での市中感染は、12月22日に大阪で初めて確認され、この年末年始は全国各地に広がっている。

市場調査のインテージが、新型コロナの影響を受ける直前から週次で全国のスーパー、コンビニ、ドラッグストア、ディスカウントショップなど、約6000店舗の販売動向を追っている「新型肺炎カテゴリー動向」。昨年11月22日週までのデータには、緊急事態宣言解除と低水準の感染者数で、国民が外出機会を増やしている影響が明確に表れた。

(本文は以下のリンク先にあります)