『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ ビジネス・IT・マネジメント・その他/ 【東京 その他 最新ニュース】「EUの脱炭素戦略はそもそも無理筋だった」 ウクライナ戦争で明らかになったロシア依存の危険性

【東京 その他 最新ニュース】「EUの脱炭素戦略はそもそも無理筋だった」 ウクライナ戦争で明らかになったロシア依存の危険性

ビジネス・IT・マネジメント・その他

【ニュース概要】

過度に特定のエネルギー源に依存することはリスクが大きすぎる

PRESIDENT Online

ロシアのウクライナ侵攻で狂った欧州の脱炭素戦略

ロシアによるウクライナへの本格的な軍事侵攻を受けて、欧州連合(EU)が掲げる脱炭素化戦略につき、大幅な見直しを余儀なくされる可能性が出てきた。

EUは、温室効果ガスの排出の実質ゼロ化を目指し、これまで矢継ぎ早に様々な戦略を打ち出してきた。特に発電から石炭火力を排する上では、天然ガスと原子力の活用が前提とされてきたからだ。

まず天然ガスの利用に関して黄色信号が灯っている。EU統計局によると、2020年時点でEUの天然ガスの輸入量のうち36%がロシア産であることが分かる(図表1)。

旧ソ連時代からロシアとヨーロッパの間にはパイプラインが敷かれており、ロシア産の天然ガスが輸出されていた。その重要な経由地の一つがウクライナである。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)