『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ ビジネス・IT・マネジメント・その他/ 【東京 年金 最新ニュース】8か月の未納で失った「一生分の障害年金」 年97万円がゼロに...手足3本失った僕が直面した現実

【東京 年金 最新ニュース】8か月の未納で失った「一生分の障害年金」 年97万円がゼロに…手足3本失った僕が直面した現実

ビジネス・IT・マネジメント・その他

【ニュース概要】

事故で手足を3本失った山田千紘さん(30)は障害等級が最も重度な1級だが、「障害年金」を受給できていない。

保険料の納付義務が生じる20歳になった後、定められた期間分を納付していなかったためだ。

【動画】「ケガをしてようやく気付いたことがたくさんある」山田千紘さんが両親に宛てた手紙

「もちろん僕に落ち度がある」という山田さん。代償は大きかった。

障害基礎年金の受給額は年額約97万円。障害がある中で何かとお金はかかる。手足を失った絶望に加え、金銭面での不安ものしかかった。

山田さんが当時を振り返り、その後前向きになるまでの気持ちの変化を語る。

病院に来て泣きながら話した母  

19歳の時に家庭の事情で大学を中退した後、半年ほどのアルバイト生活を経て、ケーブルテレビの会社に就職しました。20歳になってから8か月後のことです。

その就職から2か月後、電車事故に遭って右手と両足を失い、障害者になりました。

20歳になってから就職するまでの8か月間、僕は納めるべき国民年金の保険料を納付していませんでした。

当時の僕は目の前の生活をするお金に余裕がなく、年金を軽視していたのかもしれません。

国民年金は過去2年までなら後から納付できるということだったので、「正社員として働くようになってからまとめて納めよう」くらいに思っていました。

ところが、いざ働き始めて2か月で交通事故に遭って、厳しい現実に直面しました。

障害年金を受給するには、障害の原因になったケガの初診日前日から数えて2か月前までの被保険者期間のうち、3分の2以上の期間で保険料を納付するか、免除されるかしていないといけません。

僕は20歳で被保険者になってから10か月の時に事故に遭ったので、8か月間のうち6か月分を納める必要がある計算になります。

でも未納だったから、障害年金は受給できないということでした。

僕は障害等級が最も重度な1級で、もし障害基礎年金を受給できた場合、現在の支給額は年に約97万円です。

それが一生受給できません。20歳以上60歳未満なら年金保険料を納付しないといけないので、「20歳になったら払えよ」と言われたらその通りです。

もちろん僕に落ち度がありました。とはいえ受給できないと知った時、ショックは大きかったです。

受給できないことを年金事務所に聞いた母親が、病院に来て泣きながら僕に話したのをよく覚えています。

リハビリを終えた後、自分でも年金事務所に行って、受給できないことをちゃんと説明してもらいました。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)