『点滴石を穿つ』経営者保険活用サイト

03-3527-9248

[受付時間]平日:9:00~18:00
※土日祝:応相談

無料相談 無料レポートダウンロード
HOME/ ビジネス・IT・マネジメント・その他/ 【東京 経済 最新ニュース】FRBが物価目標を事実上3%に高める可能性、日本は「悲しい円安」突入か

【東京 経済 最新ニュース】FRBが物価目標を事実上3%に高める可能性、日本は「悲しい円安」突入か

ビジネス・IT・マネジメント・その他

【ニュース概要】

門間一夫:みずほリサーチ&テクノロジーズ・エグゼクティブエコノミスト

FRBが物価目標を事実上3%に高める可能性、日本は「悲しい円安」突入か

物価ピークアウトは慰めにならず
FRB、インフレとの戦いはこれからが本番

米国のインフレは、消費者物価指数が前年同月比9.1%となった6月にピークをつけた可能性が高いが、楽観するのは早い。

連邦準備制度理事会(FRB)のインフレとの戦いは、むしろこれからが本番だ。

今、インフレがピークアウトしつつあるのは、原油価格がやや低下したことに加え、生産・物流のボトルネックが和らいできたことによるものだ。それ自体は歓迎すべき動きだが、賃金上昇率は高止まりしている。

その背景となっている労働市場の状況を考えると、FRBの目標である2%インフレまでは、なおきわめて遠い距離がある。

目標を達成するには、景気後退を覚悟で利上げを続ける必要があり、その場合は失業率がかなり上昇する可能性を排除できない。

FRBは「物価安定」と「雇用の最大化」の折り合いをつけるため、インフレ率が3%程度まで低下すればそれ以上は無理してインフレ抑制をしない、という政策方針に傾く可能性がある。

それはいわば、物価目標の事実上の引き上げだ。

(本文の続きは、以下のリンク先にあります)